ひざサポートコラーゲンの効果的な摂取方法

ひざサポートコラーゲンは消費者庁に認可された「機能性表示食品」ですが、あくまで食品ですので、薬のようにこれを摂取すれば確実に膝が良くなるというものではありません。

膝の曲げ伸ばしの際に重要な役割を果たす膝軟骨は元々年を取るにつれて消費されていくものですが、それ以上に体が重すぎたり運動をする習慣がなく、筋肉が衰えてしまっている場合は消耗が激しくなります。

筋肉がしっかりついていれば膝軟骨の負担は軽減できるのですが、その筋肉が衰えている場合膝への負担がかなり大きなものになってしまいます。

もちろん体重が重ければ重いほどその負担は増大し、仮にひざサポートコラーゲンでサポートしたとしても効果を実感できるレベルまで達しないかもしれません。

一番重要なのはまず自分の体重と筋肉量を適切な値までコントロールし、膝への負担を極力軽減したうえで、更に補助としてひざサポートコラーゲンを摂取するのが望ましいです。

ひざサポートコラーゲンはコンドロイチン、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸含有ムコ多糖等が含まれており、一日5グラムほど摂取するだけで膝関節の動きをサポートしてくれます。

溶けやすい粉末タイプでなので朝のコーヒーやお茶に混ぜるだけで摂れますので、日々の生活にも取り入れやすいというメリットがあります。

健康を維持するためにはまず生活の改善から、そこに簡単に取り入れやすいサプリメントがひざサポートコラーゲンなのです。